モンブラン!

モンブランを学ぶ

モンブラン・・・おいしいですよね。たいていのケーキ屋さんやカフェにあるメジャーなスイーツです。ちょっと前までは主役じゃないって感じでしたが、最近はおしゃれなスイーツ専門店でもモンブランを特別にあつかったお店も出てきています。

■モンブランとは栗をふんだんに使ったケーキ

モンブランとは、栗のケーキである!山の形に似せて作ったことからこう呼ばれています。名前の由来は、アルプス山脈のモンブランであり、フランス語で「白い山」を意味する。降りかけられる白い粉砂糖は雪をあらわしているそうです。

■何で出来ているの?

1. 典型的には、カップケーキ型のスポンジ生地やメレンゲ、タルト生地などで作った土台の上に生クリームをホイップし、それを螺旋状に包むように絞り袋や小田巻を使って絞り出したクリのクリームをあしらう。
2. 栗のケーキであることを示すために、その上に半分に切ったマロングラッセ、あるいは甘露煮の栗が一片載せられることもある。
3. 形状や大きさ、土台となる生地部分には様々なバリエーションがあるが、栗を用いたクリームを山状にデコレーションされたものが多くのものに共通する。もっとも、安価に抑えるために栗ではなくサツマイモのクリームで代用したり、色付けし砂糖と香料を加えた白餡を乗せたケーキにも、同じ名称が冠されている。

■その他

・日本ではクリ以外にも、サツマイモやカボチャなどが使われる。
・栗のクリームに抹茶を混ぜ込んだ抹茶のモンブランや、ココアを混ぜ込んだチョコレートモンブランなどもある。
・栗を使用せず、生クリームにいちごやマンゴー等の果汁を混ぜ込こんで風味付けをしたモンブランもある。
・長時間シロップに漬けられて形の崩れたマロングラッセをつぶし、ペースト状にしたものがかけられる。その形はモンブラン山を真似たものであり、フランスでは山の丸みを帯びたドーム状の曲線が、イタリアでは氷河に削り取られた峻厳な岩肌がケーキに投影されることとなった

■銀座ル・ブラン

そしてそしてモンブランといえば、銀座ル・ブランのモンブランですね。店舗で30年以上も人気No.1の看板ケーキです。通販もやっているのでかなりオススメです。タルト台のバター感が印象的です。スポンジの層は無くマロンクリームとの構成、甘さも程よく、大人向けかも知れません。また行きたいです・・・!

■色々なモンブラン

栗のクリームに抹茶を混ぜ込んだ抹茶のモンブランや、ココアを混ぜ込んだチョコレートモンブランなどもありますね。栗を使用せず、生クリームにいちごやマンゴー等の果汁を混ぜ込こんで風味付けをしたフルーツモンブランもあります。考えただけでもう食べたくなりますね。

それでは!

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●